ホンダ シャトルGP7 ゴールドブラウンメタリックご来店です

gp7 (1)



フロントドアに出来たドアパンチの損傷
キーホールのスグ下
gp7 (2)


アップで確認
gp7 (3)


リフレクターで凹みの詳細確認

gp7 (4)


深い傷も確認出来ます
gp7 (5)


ほとんどのヘコミ損傷にはキズが入っていると思って間違いは無いと思います。
普通に考えてスチールやアルミ素材のパネルを変形させる力を、ペイントの樹脂が受け止めているので傷が着かない方が不思議です。
傷にもポリッシュで消えるキズも有れば、傷は残るが目立たなくなる物・余り変わらないキズも有ります。
ポリッシュしても消えない傷は再塗装をしなければなりません。
弊店では、オーナー様と時間を掛けて問診し、完成イメージをお伝えして、ペイントレス デントリペアにご納得頂いた場合のみ施工となります。

今回のオーナー様も、出来れば補修ペイントは避けたいとの御依頼でした。
診断の結果「深い傷は少し残る可能性は有るが、キズは同色にはなるので目立たない。ヘコミは問題無くデントリペア可能」との判断の結果、施工のご依頼となりました。ありがとうございます!

まずはキズを消す為のポリッシュ。凹んでいる状態だと効率良くコンパウンドが働かないので大雑把にヘコミを修復します。
その後、白い傷を同色に成る程度に磨いて、ヘコミの状態が良く見えるようになったらクォリティを出すようにデントリペアしていきます。 今回の注意点は、狭い範囲のポリッシュにはそれに合う機材でポリッシュする事が望ましいです。 それは狭い範囲の傷を磨きたいのに従来の大きなポリッシャーでは、周辺の問題無い塗膜も一緒に磨かれて(削れて)しまう事が懸念されます。必要が無ければ磨かない方が良いのは当然の事ですね?
弊店では狭い所は狭く磨き、塗装の肌(ゆず肌)を壊さない為の機材と設備が整っておりますので安心してお任せ下さい!


施工後です(当然景色では問題なし)

gp7 (6)


リフレクターでのブレもなし
gp7 (7)


写真では確認出来ないキズが残ってはいますが、実車でも見つける事は困難な状態まで修復して完了です!
御依頼ありがとうございました^^
何かございましたらお気軽にご相談下さいませ!



ペイントレス デントリペア専門店
トラストデント埼玉‐川越店/プロテック
埼玉県川越市天沼新田309-1
tel:049-239-5151
web:
www.tdg-kawagoe.com